ブログ

blog
 Home > ブログ > 古い家だといわないで。

古い家だといわないで。

2018.9.12 | blog

現在、築後30年以上経っている家をリフォームしています。

そのころ建てられている住宅のほとんどが丸太の梁を使って建てられています。

『せっかくだから小屋裏の丸太梁を見せたい』とおっしゃる奥様のご希望に合わせて丸太梁を主役としたクラシカルモダンテイストにしました。

↑天井をめくるとこのようになっています。
素晴らしい小屋組みです。

“古くなった木材でも磨けば蘇える”
磨くことで新たな表情を見せる木材。
更に重厚感が出したり、新品のように生まれ変わったりと
古材利用には様々な楽しみがあります。

こちらは純和風仕立ての立派な家で小屋組みも高級志向(垂木の下にまた違う長さの垂木が使われた外観)になっています。

↑丸太をワイヤーブラシやサンダーを使って丁寧に磨き上げた後
保護するため養生をします。

↑完成するとこんな感じです。

最近の住宅は手作りなどなくなってきました。(悲しい~)
なぜ?それは手作業だと機械化によるプレカットに比べ
大工工賃が少しばかり上がってしまうからです。
(ほんとは手作りのほうがいいんだけど)

こちらの建具ももともとお使いだった建具の木を磨き塗装を施して
新品同様に生まれ変わりました。

このように古き良きものを
大切に引き継いでゆくお手伝いもさせていただいています。

なんでもご相談くださいね。

copyright © 2018 HOUSE VILLAGE. All Rights Reserved