会社概要

Company
 Home > 会社概要
私たちは地元新潟の木材を愛し、その木を活かした家づくりを通じて
お客様のご期待にお応え出来るよう精一杯、取り組んでおります。
家をつくること、それには何と言ってもその主要材となる木にこだわるところから始まります。
私たちは工務店ながら、社内に木材ストックヤード、木材加工工場を持ち、
その品質管理に徹底的にこだわりながらもコストダウンを図っています。
日々木と向かい合い、木の持つ力を経験豊かな自社大工が引き出しカタチにする。自社環境を最大限に活かした家づくりができることが、私たちの最大の強みです。
金子材木店から
ハウスヴィレッジへ
History

日頃より株式会社ハウスヴィレッジをご愛顧いただき、誠に有難うございます。
私どもハウスヴィレッジの歴史は明治にさかのぼり、当時農業を営んでいた初代の金子石五郎は馬や牛を売買する馬喰(ばくろう)という職業を起こす事から始まります。馬を連れ山へ木材を切り出す作業をしているうち材木業に就き、その後3代目の隆正が昭和19年より材木業登録をし正式に材木店として起業しました。
隆正は丸太から板物を製材し、それをリヤカーに乗せ、販売することを生業としていた職人です。当時は機械もありませんでしたから、木挽き職人には肉体労働と、木を扱うという繊細な感性が求められていました。

 
 

父の時代には太平洋戦争、木材統制といった大きな時代のうねりが起こった頃でもあります。戦後は全ての産業で機械化が進み、「手作業から機械化へ」と仕事の内容も変革していきました。
昭和39年に起こった新潟地震以降、個人住宅の需要が高まり、自社で製材工場を持つということは私たちにとって大きな事業の転換期でもありました。
4代目の私の代では、直接お客様の顔が見える業態へと変革を目指しました。そして、平成29年「金子材木店」から「株式会社 ハウスヴィレッジ」へと社名、組織を変更しました。

企業が継続をするには、お客様に喜んで頂けることが第一条件ですが、時代の流れとともに変革を繰り返すことも求められます。もちろん、今でも「金子材木店」の志を受け継いで事業を行っていますが、祖父の頃からの時代の変化を痛感しています。そして、これからも時代の変化と共に「継続と変革」を念頭に、株式会社ハウスヴィレッジはお客様、社会のお役に立つ組織であり続けたいと考えております。

 
 

私たちハウスヴィレッジのカンパニースローガンは「幸せつなぐ家づくり」です。お客様に楽しんで頂くことで、我々社員もやり甲斐を頂き、そして、最終的には一企業として、きちんと社会貢献を果たすことを大きな目標に掲げ、このスローガンを作りました。
地域コミュニティに支えられここまで続けてくることができたからこそ、これからは地域に還元できる企業でありたい。これからも、感謝の気持ちを忘れず、大きな志と素直な心を持って、皆様のご期待に沿えるような企業であり続けたいと考えております。
今後とも株式会社ハウスヴィレッジへのご愛顧の程を、宜しくお願い申し上げます。

会社概要

名称株式会社 ハウスヴィレッジ
代表者代表取締役 金子幸夫
所在地新潟県三条市月岡3丁目7-25
連絡先TEL(0256)32-4414
業種新築住宅
住宅リフォーム
ガーデニング提案
外構工事一式
対応エリア新潟県央一円(三条市、燕市、弥彦村など)
取引先銀行第四銀行、三条信用金庫
 
サービス対応エリア
 
ハウスヴィレッジ本社
HOUSE VILLAGE本社
所在地〒955-0803 

新潟県三条市月岡3丁目7-25
連絡先TEL:0256-32-4414
FAX:0256-32-4480
営業
時間
8:00~17:30
 
 
ハウスヴィレッジ燕三条店
HOUSE VILLAGE ショールーム
所在地〒959-1232 

新潟県三条市井戸巻3-110 1F
連絡先TEL:0256-64-7074
FAX:0256-64-8025
営業
時間
10:00~18:00(火曜・水曜定休)